スタッフ

◇代表・ディレクター

西洋子

東洋英和女学院大学教授。専門は、身体表現論、舞踊学。博士(学術)。
お茶の水女子大学・同大学院で舞踊学を学び、子どもの身体表現、
精神科入院病棟での身体表現の実践を重ねる。
年齢や性別、障害の有無を超える身体での共創表現を構想し、
1998年からコミュニティを基盤とするインクルーシブダンス
「みんなのダンスフィールド」を開始。近年は、学校や福祉施設、
ミュージアムや被災地での共創表現ワークショップを積極的に展開。

◇教育スタッフ

村中亜弥

幼少よりダンスを続け、大学時代に代表の西洋子に出会う。
「各々の個性を活かし合う表現」の魅力に触発され、
 1997年より多様な人々との身体表現活動をはじめる。
現在は、インクルーシブな身体表現や幼児の身体活動を専門に
多くのワークショップでファシリテータを担う。
 相模女子大学(2009年~2013年)や日本女子大学通信教育課程(2011年~2016年)で
非常勤講師として「運動・身体表現」等を担当。
修士(人間科学)、修士(家政学)

三木麻晃子

活動歴17年
幼い頃からインクルーシブな身体表現を継続し、その経験から柔軟な発想でメンバーや参加者の共創表現の場づくりを目指す。保育園勤務。

​加藤芳史

活動歴18年、車いすユーザー

長年の小学校でのボランティア経験を活かし、多くの教育ワークショップに参加、ファシリテータを務める。

​◇コーディネーター

佐藤夏希

活動歴18年、車いすユーザー

いつも挑戦し続ける表現者であるとともに、社会福祉士としての視点から、さまざまな人の支えあいをサポートできる存在でありたいと思います。

木津石生

活動歴16年、車いすユーザー

​のはらぐみリーダーを務める。​みんなのダンスフィールドの理念を世の中に発信するために、多くの人に出会い、多くの繋がりを作っていきたい。

大谷野の子

活動歴15年、車いすユーザー
チラシ作成等に携わる。自分自身や相手の一瞬一瞬を見つめ、その時にしかできない表現を、メンバーだけでなく初めて出会う人と共に創っていきたい。

Copyright (C) 1998-2016 NPO法人 みんなのダンスフィールド(Inclusive Field for Dance since 1998) All Rights Reserved.