【レポート】「のはらハみどり」 Bコース第4回報告(2022/7/17)


4月から始まった「のはらハみどり」第1期の活動も最終日を迎えました。楽しい日々はあっという間に過ぎますね。

今回は10月に行われるオープンデーに向けてた作品を2つ作りました。


1つ目はノリノリの音楽に合わせて元気いっぱいのダンスです。 曲が 一番盛り上がるところで「手拍子パン・パン! からのいろんな場所を指さして。 時にはだれかと一緒に「指! ゆび! ユビ!」

ほかにも綱引きで引っ張り合ったり、ゴムになって一緒に伸びたり縮んだり、いろんな表現が混ざり合っていきます。


もう1つは風をイメージしながらの「手合わせ」。前半とは違って優しい音楽の中、優しい風、強い風、これまでの手合わせを思い出しながらのはらの風を感じ、ゆったり手と手を合わせます。 2人づつの手合わせから徐々に優しい空間が広がっていきます。


練習後半になってくると皆さん少しずつ動きを覚えてきたようで、お互いに声を掛け合っていき、いつの間にか「みんながファシリテータ」になっているように感じました。

今までで一番はじける笑顔で手合わせ。 表現も表情もまぶしいです。

あっという間の1時間半。 まだまだ練習し足りない様子でした。 未だ思うような活動が難しいところもありますが、皆さんで協力し合って「のはらハみどり」の空間を作ってまだ出会ったことのない場所へと広めていきます。




第1期の活動はこれでおしまい。始めたばかりの頃はちょっぴり不安だった皆さんの表情が、回を重ねるごとに楽しい空間に変わり、たくさんの素敵な表現が生まれました。


オープンデーではたくさんの方々に私たちの表現を見ていただきたいです。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました! また第2期でお会いできることを楽しみにしています。

(集合写真撮影/みどりアウトパーク小野館長)


(文: 千葉 遥/写真/ 押田 詩依瑠)










閲覧数:36回0件のコメント