top of page

【レポート】「のはらハみどり オープンデー映像鑑賞会&交流ワークショップ(2023/2/19)

風が春を運んできたようなあたたかい日、2023年2月19日みどりアートパークにて「のはらハみどり オープンデー映像鑑賞会&交流ワークショップ」を開催しました。

第1期、2期では、Aコース:親子で一緒にダンス・ダンス、Bコース:みんなで楽しむインクルーシブダンス、Cコース:ファシリテータ養成講座と、それぞれコースに分かれて実施をしていましたが、今日は全コース一堂に会する機会ということで、始まる前からワクワク♪

まずは交流ワークショップスタート!


久しぶりのおともだちも、はじめましての方も、音楽に合わせ一緒に動き出すと、不思議と仲良くなれちゃいます。

まねっこをして動こうでは、グループになったメンバーの動きを夢中でまねします。

「こんなかんじ?」「わあ、おもしろい」

あちらこちらから聞こえる楽しそうな声。


てあわせでは、相手の動きを感じながら、上へ行ったり下へ行ったり—。


相手の動きに耳をすますようにしずかに動いたり、ときにダイナミックに動いたりと、色々なてあわせが生まれていました。

みなさんの拍手もあたたかくてうれしいですね。


後半は、昨年11月に開催されたオープンデーでのパフォーマンス発表の様子をみんなで鑑賞しました。


レジャーシートに座ってくつろぎながら、まるでのはらにピクニックに来たみたい。

自分が大きな画面に映っていると、嬉しくなっちゃいますね。

あらためて、みなさんのいきいきと表現している姿や、こころを一つに頑張ったことを思い出し、和やかな気持ちになりました。


最後に映像を見た感想を聞いてみました。「どうでしたか?」

「AコースもBコースも素晴らしかった。」「観客席のお客さんも一緒に手合わせをしてくれたのが、嬉しかった。」「たのしかった。」

などの感想を聞きました。


今回、「のはらツリー」を準備し、「のはらハみどりってどんなところ?」かを、みんなで自由に言葉や絵で書き、ツリーを完成させました。


素敵なツリーが完成しました!

のはらツリーを見て、私自身がのはらハみどりのワークショップに初めて参加した時のことを思い出しました。

ドキドキしていたけど、ファシリテーターの皆さんの包み込むような表現の輪の中で、安心して自然といきいきと表現できるようになりました。

はじめての方や、体を動かすことが苦手な方もぜひ参加してくれたら嬉しいです。



皆さまと会えることを楽しみにしています。


                  (集合写真撮影:みどりアートパーク政本美紀様)


                  (文:大村恵、写真:みんなのダンスフィールド)

閲覧数:122回0件のコメント
bottom of page