【定例活動】オンラインワークショップを行いました(2021/9/19)

更新日:9月26日

9月19日(日)正会員のメンバーでZoomを使い表現ワークショップを行いました。

毎回ファシリテーターを変えて意見交換をします。

今回は、小西さんと千葉が担当し、それぞれテーマを設けました。

まず千葉のワークショップは「土から始まる君と僕の世界」


土は、雨に濡れてドロドロになったり砂でサラサラになるなどと形が変わっていく様子を表現しました。

これは私が通所している作業所で行なったワークショップをアレンジしたものです。フィールドのメンバーとやったらどうなるのか試してみました。

しかし、作業所でやる場合、活動内容とリンクしていたテーマだったのでやりやすかったのですが、知らない人同士でやるとイメージしにくいことがわかりました。

本来は1つのお皿を表現したかったのですが自分自身もやりにくさを感じ、最後は予定を変更して雨上がりの外、葉っぱについた水滴や虹を表現しました。

それでも選曲がよくワーショップのテンポが良かったと、いい部分もあったので

皆さんのアドバイスを作業所のワークショップでも活かしたいです。


小西さんのワークショップのワークショップのテーマは「道路工事」

激しい曲調の中で手合わせをした後道路工事の表現が始まります。

 

ダンプカーやショベルカーなどの機材の動作やスコップで穴を掘ったり、河川工事で流れる川や剥がれる塗装を表現しました。

小西さんが自分で効果音を発していたり、途中休憩など細かい動作の工夫が沢山ありました。最後は打ち上げで飲み会をしました。現実でも皆で集まって飲み会がしたいです(笑)

小西さんのワークショップはいつもユニークなのですが、これも私のワークショップと同じように、実際に工事現場にいないと解りづらいテーマでした。


今回のワークショップは偶然にも「土」が共通していましたが、ファシリテーターによって全く違う表現になって面白かったですし発想自体は良かったのですが、同時に2人にしか分かりづらいテーマだった事、パソコンの回線が悪く始めるのが遅くなってしまった事、途中て音響が悪くなり、その際の表現が止まってしまった他反省点も多いのですが、今後のワークショップに向けてよい勉強になりました。 千葉 遥








40回の閲覧0件のコメント