top of page

のはらハみどり第5期第3回活動記録(2024/6/23)


6月に入りジメジメ暑い日々が続く中、『のはらハみどり』には別の熱さとさわやかな空気に満ち溢れているようでした。

仲間たちが集まり始めたら、のはらに向けて出発!スキップしたり大股で歩いたりいろんな進み方で歩いていきます。


誰かと出会ったらハイタッチ。のはらハみどり始まりの合図


手あわせのはらでは子供たちが率先して友達と楽しそうにのはらの真ん中で手合わせている姿が印象的でした。


のはらに行けば出会える友達。緊張もするけど手あわせ楽しい!


座って相手を感じながらじっくり手あわせも大切な時間


のはらに響くのは笑い声やファシリテートの声だけではありません。小さな虫がぴょんぴょんはねる音、気持ちい風の音などなど・・・ほかにはどんな音が聞こえたり見えたりするのか探してみます。


壁の向こうからも聞こえてくる。どんなのはらの音がする?


今回は『のはらで聞こえてきそうな音・こんな音あったらいいな~』をテーマに、グループで制作・表現します。短い時間の中で、「ああしよう!こうしよう」と動きながらワイワイ作っていきます。

みんなが感じた『のはらの音』そこには・・・


かわいいお花が咲いていてちょうちょが飛んでいたり…

梅雨の雨の中、虹を探したり・・・

キラキラの妖精が集まっていたり・・・


ほかにもそれぞれが感じたのはらの音で満ち溢れていました。そのどれもが違っていて、でもとてもきれいな音に感じました。


最後の感想を伺う場面では「音を体で表現することは最初は難しいと感じていたけれど、いろいろなものが生まれていて面白かった。」「みんなのアイディアを重ねながら制作していくことが面白かった。」との感想を多くいただきました。なにより、「しあわせな時間だった!」という声をいただいて、ファシリテーターも私たちスタッフもうれしくなります。

マイクが渡って恥ずかしそうにしている方も自分の思いを話してお互いに思いを共有します。


ここ最近の活動を通して改めて思うことなのですが、本当にいろんな方々がのはらに集まってくれて、同じような動きはあっても感じ方は毎回違う面白さがあるな~と感じます。みんなで表現できる喜びをかみしめると同時に、もっと多くの方に届けたいです。

実際の雨は苦手ですが、のはらに降る雨は大好きです!


次回は第5期の最終回。とは言え、またすぐに第6期が始まるので全く悲壮感はありません!

お申し込みはすでに始まっています。詳しくはこちらからどうぞ!!

ホームページやInstagramで興味を持った方、是非いらしてください。


体調や熱中症に気を付けてまた7月にお会いしましょう!!

(文:千葉遥 写真:みんなのダンスフィールド)

閲覧数:90回0件のコメント

Comentários


bottom of page