[パフォーマンス]藝大アーツ・スペシャル2016「障がいとアーツ」

12月2日に、『藝大アーツ・スペシャル2016「障がいとアーツ」』という大きなイベントの「Note –わたしの物語–」に参加させていただきました。

お互いに共創を意識し、とても有意義な濃い時間を過ごすことが出来ました。

会場は東京藝術大学の奏楽堂にて行われました。

私たちは藝大のオーケストラの生演奏と共に表現をする上で、音の大きさや躍動感、感情を表した演奏に負けないよう、全力で表現しましました。互いの表現がぶつかり混ざり合って影響し合い、どちらか一方だけでは生み出すことの出来ない共創を創り上げられたと思います。



また、藝大の方々との共創は音楽だけに留まらず、ストーリーや舞台背景の絵、舞台上に置かれた本棚、その他の小道具も作品の一部となり世界を創り出していました。

多くの人の手で創り上げられた「Note –わたしの物語–」の舞台を通じ、改めて、表現はたくさんの人に支えられて生まれていくのだと感じました。


(ののこ)


9回の閲覧0件のコメント