top of page

【レポート】「のはらハみどり」第2期Aコース第3回報告(2022/11/27)

みどりアートパークのオープンデーが終わり、のはらハみどりの定例WSが11月も行われました。

舞台での経験を経て、こどもたちもさらにパワーアップ!みんなのエネルギーに圧倒されっぱなしの40分でした。

空間や床とも仲良く、のびのびのはらでウォーミングアップ。回数を重ねるごとに身体の動きが大きくなっているように思います。いいですね〜!

さらに立ち上がってふたりの身体が風船のようにふくらんでみたら、自然とてあわせ表現へ繋がっていきました。

みんなの表現をしたい!という想いが伝わってきて、ペアを何度も変えて、やさしい丁寧なてあわせで溢れました。

ママ、パパ以外のおとなの人との組み合わせもとても多いです!


そしてWSの後半「音はともだち」のテーマのもと

フレームドラム,クラベス,ミニグロッケン,レインスティック4つの楽器を使って自由に身体を動かしました。耳をすまして、よーく音を聴いてみよう。


小さい音、大きい音、速かったり、ゆっくりだったり、高い音に、低い音...

様々な音に合わせてダイナミックに!時には細かく、小さく足を動かして

皆の身体が自由にはじけました。音は目には見えないけれど、それぞれにイメージが膨らんで、素直に身体を動かせる参加者の皆さん、とっても素敵でした!



WS終了後は実際に楽器と触れ合って、楽器と遊びました。

譲り合って楽器を順番に渡していたこどもたち、優しさがいつも溢れています。

音とは仲良くなれたかな?


のはらハみどりの第2期も次回が最終回、元気に会場で会いましょう!

(文:高嶋 柚衣/写真:水野 伊吹)



閲覧数:42回0件のコメント
bottom of page