定例活動(11/6)

11/10/2016

11月になり、少し肌寒くなってきました。今月初回の練習です。

10月に続き、「障がいとアーツ」に向けての練習を行ないました。

今日は初めての参加者も多く、てあわせも楽しく動くことができました。はじめは手だけを動かしていた人も、時間の経過ともに身体いっぱいで表現していました。

 

その後は作品の雰囲気を思い出すために メンバー全員で動きました。

それぞれ忘れているところ、細かな動きの確認を行ないました。藝大からは、衣装、映像、照明担当の方が来てくださり、作品のイメージのすり合わせを行いました。

 

新たなシーンも加わり、ゾンビのようなイメージで動いたりしました。

 

後半は、衣装を着用して練習をしました。これまでのダンスフィールドの舞台で使用した仮の衣装ですが、着て動いてると本番が近づいていると実感します。

幼い子どもたちメンバーは、可愛い衣装を着てとても楽しそうに動いていました。

 

本番まで1ヶ月切りましたが、これまでにない作品になるように頑張りましょう!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ