定例活動(11/27)

12/01/2016

 

今回も「障がいとアーツ」に向けての最後の練習です。

まず、「てあわせ」を15分間ウォーミングアップとしてみんなで身体を動かしました。

ここでしっかりと身体を伸ばしたり、それぞれ思い思いに表現していました。

 

11月25日に藝大に行き、オーケストラの練習見学をさせてもらいました。

これまではCD音源でのみしか聴いたことがなかったので、生演奏での臨場感や迫力を感じでとても感激したオーケストラ見学でした。

 

僕たちダンスフィールドももっと表現を突き詰めていかなければならないと思いました。

頭の中で、演奏している風景や、共演しているのをイメージしながら練習を行ないました。

 

はじめにそれぞれシーンごとに動きを確認しました。動きにメリハリをつけたり、上手下手の出入りの確認等を行いました。

僕は動いているときに次の動作のことを考えすぎてしまうため、動きがはやくなってしまいます。

そうならないように意識して動いてます。

 

細かな動きの部分ですが、そのひとつ、ひとつが臨場感や迫力につながっているのだと、オーケストラのみなさんから学ばせてもらいました。

 

本番が楽しみです。

 

ぜひ、お越しください!!お待ちしております!!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ