定例活動記録(12/25)

12/29/2016

今年最後の定例活動です。

今日は、来年5月のパフォーマンスに向けてそれぞれグループに分かれて練習を行いました。

 

僕は小学生メンバーと一緒に創作をしました。ゆうたくんがケガをしていたため、あまり動けませんでした。そのため動かなくてもできる表現を考えました。はじめは子どもなのでどうしても動き回りたくなってしまうみたいでしたが、手のひらや指を使って表現をしました。少し窮屈そうでしたが、彼らにとってはまた新たな動きが生まれてよかったと思います。

 

他にも印象に残ったグループは、ゆうきくんとひろのちゃんのグループです。

後半ゆうきくんが車椅子から降り、身体を伸ばしていて、はじめはとても辛そうでしたが作品発表のときにはとてもかっこよく、新しい表現になっていました。

 

今年は、学校や地域でのワークショップ、東京藝術大学でのオーケストラとのパフォーマンスなど素敵な出会い、交流がたくさんありました。みんなのダンスフィールドとして課題は多くありますが、来年もこの活動を1人ででも多くの人に知ってもらい、一緒に表現を創っていきたいです。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ