定例活動(5/7)

05/23/2017

今日はパフォーマンス前、最後の練習となりました。

今日は、当日お世話になる舞台監督の方、照明の方などに来ていただきました。

そして、早速通し練習をしました。
オープニングは、とにかく楽しく力強く、全力で自分達もお客さんも巻き込んで、楽しい雰囲気が広がります。

さくらは、長年ダンスフィールドと関わるメンバーが多く、さすがだと思う動きで世界に引き込まれます。

くじらとくらげの物語は、1人ひとりの表現が合わさり、とてもパワーと一体感がとても感じられる作品です。

サーカスは、ストーリー性があり、知らず知らずのうちに勝手にからだが動き出す、元気一杯な作品です。

ワークショップでは、お客さんと素敵な世界を、共に大きくしていけるような空間つくりを頑張ります。

「Note-わたしの物語-」は、それぞれの思いを一体にし、この作品の空気や世界が会場中に広がっていきます。

当日は、楽しみながら全力で表現しましょう。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ